こんにちは!埼玉県三郷市を拠点に、関東エリアでリフォームにともなう電気工事を承っております伊藤電気です。
リフォームと同時にテレビやインターネットの環境を整える方が多く、屋根裏にアンテナを設置することで見た目をすっきりさせることがあります。
今回は、アンテナを屋根裏設置することのメリット・デメリットをお伝えいたしましょう。

風雨被害を軽減できる

アンテナは角度や位置の変化、電波を遮るものの発生によって、受信精度が大きく変わります。
特に台風などにより大雨、強風にさらされることで、テレビが映りにくい、映らなくなるといった経験をされる方も多いのではないでしょうか。
屋根裏設置にすると、風雨にさらされることがなくなりますので、台風が頻繁に通過する地域にお住いの方は、屋根裏設置をご検討ください。

アンテナの劣化防止

アンテナの寿命は概ね10年~15年といわれています。
屋外設置のアンテナであれば支柱や取り付け金具部品の錆び、パラボラアンテナであればお皿の部分の塗装がはがれるなど、劣化は避けて通れません。
屋根裏設置型に変更することで、風雨のみならず日光にさらされることもなくなり、経年劣化のスピードを緩やかにできます。

雪のアンテナへの影響は大きい?

国内の豪雪地帯では一年のうち約4ヵ月にわたって積雪する地域もあります。
積雪は屋外アンテナの受信にも大きく影響します。
雪は、風雨よりもアンテナへの物理的負荷が大きいため、故障の原因になりやすいのです。
豪雪地帯でも、屋根裏設置型にすることで劣化を防げます。
ただしアンテナの屋根裏設置のデメリットとしては、「受信感度が下がる」ということが挙げられます。
これは屋根自体が障害物となるために起こるデメリットです。
アンテナの設置方法は、ご自宅の環境や問題点に合わせて検討することをおすすめします。

伊藤電気へご相談ください!

弊社は戸建て住宅やマンションなどのリフォームにともなう電気工事を承っております。
照明やインターネットの配線、アンテナ工事など、住宅の電気に関する工事であれば承ることが可能です。
平成18年の創業以来、お客様と誠実に向き合い、一つひとつ確実に施工を行ってきました。
長年培ってきた技術力と提案力で、ご依頼いただく工事を適切に実施いたします。
電気設備についてご不明点やご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。


伊藤電気
〒341-0005 埼玉県三郷市彦川戸1-282-2
TEL/FAX:048-953-1957